食品工場の食品廃棄物をエサ(エコフィード)としてリサイクル/食品リサイクル法にも対応し地球環境に貢献/買取実施中 [エコフィードラボ]
エコフィードラボ[Eco Feed Labo] エコフィードラボとは? 事例紹介 お取引の流れ 全国対応 よくあるご質問 お問い合わせ

最新トピックス

 2014.3.4
 お取引の流れページを作成しました。

 2014.3.4
 よくあるご質問のページを作成しました。

 2013.12.31
 「寒天ゼリーの飼料化」を追加しました。

 2013.12.29
 「シロップの飼料化」を追加しました。

 2013.11.10
 「ソラマメの皮」を追加しました。

 2013.9.20
 問い合わせページはコチラです


ブログ

facebook

環境テクシスHP

エコフィードラボって何?

エコフィード(eco-feed)とは、食品控除などの食品廃棄物を利用して製造された飼料です。エコフィードの利用は、食品リサイクルによる資源の有効利用のみならず、飼料自給率の向上等を図る上で重要な取組です。
食品廃棄物を飼料として利用することで、環境保全とコスト削減を実現します。




最新の事例紹介

エコフィードラボでは様々な食品廃棄物を飼料としてリサイクルしています。
多種多様な食品廃棄物をその特性に応じ最適な処理を行います。



ドライフルーツのリサイクル
冷凍苺の飼料としてのリサイクル
缶詰工場の廃棄大豆リサイクル
SONY DSC
冷凍苺
ゆで大豆
その他の事例紹介はこちら。

エコフィードラボについて

エコフィードラボは有限会社環境テクシスが運営をしています。豊富な実績・ノウハウにより従来飼料として利用されていなかったものをリサイクルしています。
 →有限会社環境テクシスホームページはこちら

【エコフィードラボの特徴】

  1. 大学・研究機関との共同研究による技術開発
    多種多様な食品廃棄物をリサイクルするため、大学・国の研究機関・県の研究機関との共同研究を行い、リサイクルの手法を研究しています。

  2. 買取対応します
    商品の状態、ロットにより飼料価値の高いものは買取します。また、買取できない場合は産業廃棄物・一般廃棄物としての対応も可能です。

  3. 全国対応
    エコフィードラボは地域の飼料製造業者、畜産農家とのネットワーク構築により全国ネットワークによりリサイクルが可能です
     →全国ネットワークについて


[有限会社環境テクシス]
〒442-0847 愛知県豊川市白鳥町山桃5-1 <TEL>0533-87-5512 <FAX>0533-95-5570
メールはこちらからお願いします。
Copyright(c) ECOFEED LABO All rights reserved.